2016年F1カナダGP 6月12日(日) 決勝

この日もまた、ホテルの朝食でメープルシロップを堪能し、地下鉄でサーキットへ。

 

天気はイマイチ。結局天気が良かったのは金曜だけでした。

f:id:F1world:20200523184002j:plain

空には灰色の雲が広がっていました

 

気温も低く、この日も基本的には11番スタンド前の芝生エリアでの観戦をメインにすることにしました。

ちなみに、そこでの観戦スタイルはこんな感じでした。

f:id:F1world:20200523184032j:plain

日本から折りたたみ可能な椅子を持参していたので大活躍。

後ろの茂みが多少風を遮ってくれます。

 

まずはドライバーズパレードからスタート!

カナダGPは日本GPと同じスタイルで、ドライバー1人ずつがオープンカーに乗って、コースを1周。

f:id:F1world:20200523184107j:plain

f:id:F1world:20200523184120j:plain

頑張れマクラーレンホンダ

f:id:F1world:20200523184055j:plain

この年前半のみ参戦のハリアント。日本GPも出てないので貴重なショット。

f:id:F1world:20200523184134j:plain

 

ドライバーズパレードも終わり、少し経つと、各車レコノサンスラップへ。

f:id:F1world:20200523184217j:plain

アロンソ頑張れ!by妻

f:id:F1world:20200523184200j:plain

貴重なハリアントの走行ショット

f:id:F1world:20200523184233j:plain

 

スタートだけは、上から見た方が全体感が見えるかと思って、席から見てました。

f:id:F1world:20200523184253j:plain

席から見るフォーメーションラップ

 

スタートから数週見ると、段々寒くなってきたので芝生エリアへ戻りました。

f:id:F1world:20200523184324j:plain

グロージャンをインから抜くペレス

f:id:F1world:20200523184312j:plain

 

レースはハミルトン勝利!

アロンソ11位!惜しい!!

バトンはリタイア!残念!!

レース終了後はホームストレートになだれ込み、表彰式を下から見ました!

これも初めての経験!

f:id:F1world:20200523184344j:plain

 

表彰式も終わり、ピット前ストレートで各チームの撤収作業などを眺めていると、勝ったハミルトンがピット前で記念撮影&軽くシャンパンファイト!

なんと、その後ハミルトンがピットとホームストレートの間にあるフェンスまで来てくれました!

f:id:F1world:20200523184403j:plain

f:id:F1world:20200523184415j:plain

 

ハミルトンは、少しこちらに移動しながら、ファンに握手やサイン。

こういう時、私、少し有利です。

前にも書きましたが、私の身長は180オーバー。

更に腕も長いので、手を伸ばしたら、やったーー!!!

f:id:F1world:20200523184428j:plain

初めてハミルトンのサインをもらった瞬間でした!

 

普段は背が高かったり腕が長くても、既製品のワイシャツが着れず、全てオーダーでお金ばかりかかって、特に良いこともないのですが、こういう時は、海外でも埋もれることなく手が届くので、メリット大です。

 

ハミルトンのサインももらうことができ、良い締めくくりになった日曜でした。

 

ここで、モントリオールの地下鉄プチ情報を1つ。

モントリオールの地下鉄は、切符やパスが要るのは入る時だけで、出る時は不要です。

駅によっては乗車用ホームと降車用ホームを分けている所もあり、降車用ホームに降りると、改札もありません。

つまり何が起きるかというと、乗り過ごしてしまった時などに、戻るのにお金がかかるということです。

日本では、改札を出ずに反対行きの電車に乗れば、厳密には無賃乗車ですが、戻ることは可能です。

ところが、私がやってしまったのは、乗り過ごして降りた駅が、乗車用と降車用のホームを分けた駅で、電車を降りたら改札外。戻るには再度改札を通る必要あり。

海外でこんな気の抜けたことをする方は少ないかもしれませんが、ご注意下さい。

2016年F1カナダGP 6月11日(土) 予選

この日もホテルの朝食でメープルシロップを堪能してから、サーキットに向かいます。

なお、ホテルはHoliday Inn Montreal Centreville Downtownですが、立地も抜群です。

ホテルの前の交差点を渡ると、そこが駅。

これまでに何度か海外GPに行っていますが、ホテルから駅までの距離では、このホテルが最短です。

 

地下鉄を降りて、ノートルダム島の中を席に向かって歩いていると、ジャン・アレジ発見!

f:id:F1world:20200523090431j:plain

後藤久美子の旦那さん、と言えば、F1に詳しくなくても知っている人もいるかもしれませんね。

まぁ、F1に興味の無い方が、このブログを読んでくれているとは思えませんが。。。

 

カナダGPは、ジャン・アレジがF1で唯一の勝利を上げたGPです。

また、カナダGPが開かれるモントリオールはフランス語圏なので、フランス人のジャン・アレジにとっては、馴染み深いGPなんだと思います。

 

更に、この日は特別な意味がありました。

6月11日は、ジャン・アレジの誕生日です!

1964年生まれなので、この日で52歳。

更に!

なんとこの日は、私も誕生日!!

私はこの日で36歳。

同じ誕生日の2人が、誕生日当日に会うという偶然。

写真の通り、アレジは電話中でしたので話はできませんでしたが、朝からテンション上がりました。

 

この日は再びイマイチな天気。

f:id:F1world:20200523090718j:plain

空は灰色

気温も低めだったので、席には行かずに芝生エリアから観戦することにしました。

 

芝生エリアに行ってみると、ハミルトンの応援団発見!

寒さに負けず、Tシャツでパフォーマンス!

f:id:F1world:20200523090442j:plain

 

にぎやかな雰囲気の中、観戦開始

f:id:F1world:20200523090501j:plain

ピットレーン出口に並ぶセーフティカーとメディカルカー

 

この年のマクラーレンホンダは、前年からは進歩。

予選もQ1通過を争っていた2015年から、Q3進出を争うレベルまでになっていました。

 

この日も、バトンは残念ながら12位でQ3進出にはあと一歩というところでしたが、アロンソは見事にQ3進出!

アロンソ推しの妻も喜んでいました。

f:id:F1world:20200523093933j:plain

Q3に進出したアロンソ

 

Q3の結果は、アロンソは10位!

トップ3は、ハミルトン、ロズベルグベッテル

さすがのメルセデスワンツー!!

f:id:F1world:20200523090737j:plain

f:id:F1world:20200523090910j:plain

f:id:F1world:20200523095006j:plain

予選TOP3

ハミルトン応援団も大盛り上がりでした!

 

この日の夕飯は、ホテルの近くの日本食のお店KYO Bar Japonaisに行きました。

海外に行くと、たまに和食が食べたくなることがあると思います。

でも、現地の和食レストランに入っても、がっかりすることも少なくないと思います。

この日のお店は、味も値段も十分満足できるレベルでした。

近くに滞在される際には行ってみて下さい。

2016年F1カナダGP 6月10日(金) フリー走行

金曜日、フリー走行です。

 

話題はサーキットに行く前に、ホテルの朝食から。

ホテルはHoliday Inn Montreal Centreville Downtownです。

朝食はバイキングなのですが、パンケーキやワッフルにかけ放題のメープルシロップが美味い!!

日本ではハチミツばかりで、メープルシロップあまり使ったことなかったけど、本場カナダで食べるとこんなに美味いのか!

もちろん、帰国前に買い込んだことは言うまでもありません。

 

朝食から満足して、地下鉄でサーキットへ。

駅を降りてからサーキットへは、橋を渡ります。

f:id:F1world:20200522233710j:plain

サーキット全体図

この日の天気は前日と違って青空。

f:id:F1world:20200522231616j:plain

前日の雨もあってか、結構な川の流れ。

f:id:F1world:20200522231638j:plain

 

席は12番スタンド。

駅からは最も遠いエリアです。

ノートルダム島の中を歩いて移動。結構な距離です。

 

席は上段。眺めは良い感じ。

f:id:F1world:20200522231718j:plain
f:id:F1world:20200522231658j:plain
席からの眺め

少し遠くを見ると、街並も見えます。

街から近くでやってるんだなぁと実感。

f:id:F1world:20200522231742j:plain
f:id:F1world:20200522231801j:plain
街並や橋が近くに見えました

ただ、このサーキットは、セントローレンス川に作られたノートルダム島という人工島にあり、上段の方へ行くと風が強いです。

長時間風を浴びていると、6月でもかなり寒さを感じます。

f:id:F1world:20200522235759j:plain

上から10段目くらい。結構上段でした。

なので、途中から、お隣11番スタンドの前にある芝生エリアへ移動。

風もあまりなく、寒さもそれほど感じません。

そこからの眺めはこんな感じ。

f:id:F1world:20200522231840j:plain

11番スタンド前の芝生エリアから

まぁ、十分な視界かな。

この日は主にここから観戦することに決定。

フリー走行スタート~~

 

f:id:F1world:20200522231939j:plain

f:id:F1world:20200522231957j:plain

マクラーレン頑張れ!

復帰2年目。全然だった前年よりは、少しマシになりました。

応援に入る熱も、少しは増加。

妻はアロンソ推しなので、マクラーレンウェアで応援!

 

それから、この年デビューのHAAS

f:id:F1world:20200522231900j:plain

f:id:F1world:20200522231921j:plain

参戦してすぐにマクラーレンより上に行ってしまった感のあるチーム。

彼らが凄いのか、マクラーレンホンダが失敗なのか、ちょっと悔しい。

 

この日の服装は長袖の上着を着ていましたが、上段席に長時間いるのは寒かったです。

観戦を検討する方は、6月だからと油断せずに、防寒着も用意した方が良いと思います。

年によって結構気温は違うようですので念の為。

ちなみにこの日のウェアはこんな感じでした。

f:id:F1world:20200522235815j:plain

 

モントリオールのプチ情報を一つ。

ご存知の方も多いとは思いますが、モントリオール公用語はフランス語です。

レストランやホテルや観光客向けの店であれば英語も大丈夫ですが、コンビニやファストフードの店員さんは、基本的にフランス語で対応されます。

私もコンビニで買い物をして「袋は必要か」と聞かれているのをなかなか理解できずに、何度も聞き返してしまいました。

フランス語が堪能な方は心配ありませんが、外国語に自信の無い方はご注意下さい。

2016年F1カナダGP 6月8・9日(水木) フライト&サイン会

海外GP第3弾は、2016年カナダGPです。

カナダGPを選んだ理由は、転職です。

それまで働いていた会社を6月末に退職することになり、5月下旬から6月末まで有休を取得していました。

なので、その間に開催しているGPの中から、カナダGPを選びました。

 

この時も、HISにお世話になりました。

当時は日本からモントリオールは直行便が無く、トロント経由でした。

2018年から直行便が就航し、HISもカナダGPを推すようになりましたが、当時は募集はしていたものの、ほぼオーダーメイドのような感じでした。

 

フライトはエアカナダ。

6/8(水)の17:30成田発、16:20トロント着。日付変更線をまたぐので、タイムスリップした気分です。

トロント乗り継ぎで、18:30トロント発、19:45モントリオール着。

モントリオール空港からホテルの送迎はバスではなく乗用車。

まぁ、送迎対象は我々夫婦だけですから当然です。

 

ホテルはHoliday Inn Montreal Centreville Downtown

モナコで夜に着いてはしゃいだ結果、翌日疲れが出た教訓から、この日はおとなしく就寝。

 

そして6/9木曜。

この日はサイン会&ピットウォーク。

地下鉄に乗ってサーキットへ。

残念ながら、天気は雨模様。

f:id:F1world:20200518221350j:plain

 

サーキットへ着いたらサイン会へ。

サイン会はピット近くで行われるのですが、地下鉄の駅を出て少し歩いて、最寄りのゲートからサーキットに入るとヘアピンコーナーの辺りで、サイン会場からは最も遠いエリア。

コース内を半周ほど、ヘアピンからピットレーン出口辺りまでコースを逆走する方向に、無料のシャトルバスで移動です。

 

この年のカナダGPのサイン会は方式は、とにかく1列に並ぶ。サイン会場にはドライバーがチーム毎にランダムで登場。複数チームが同時にいることもありました。

つまり、ある程度早く並んでいれば、どこかのチームのドライバー2人にはサインをもらえる。

タイミングがよければ、複数チームのドライバーにもらえる。

我々のタイミングは、

f:id:F1world:20200518221433j:plain

マクラーレンホンダでしたー!!

アロンソ推しの妻も興奮ー!!!

 

その後はピットウォーク。雨もあがりました。

f:id:F1world:20200518221626j:plain
f:id:F1world:20200518221840j:plain
f:id:F1world:20200518221904j:plain
f:id:F1world:20200518221931j:plain

この年の新チーム、HAASのピットも見学。

 

f:id:F1world:20200518222140j:plain
f:id:F1world:20200518222110j:plain
f:id:F1world:20200518222209j:plain
f:id:F1world:20200518222004j:plain

ノーズの形も、2014年の強烈な形状から、だいぶ違和感が無くなってきました。

 

ピットウォーク中、コースの下見に行くドライバーにも遭遇。

f:id:F1world:20200518221508j:plain
f:id:F1world:20200518221522j:plain
f:id:F1world:20200518221601j:plain
f:id:F1world:20200518221545j:plain

ベッテルはサインもらえませんでしたが、何人かのサインはもらえました。

この日のサインはこんな感じでした。

f:id:F1world:20200518222602j:plain
f:id:F1world:20200518222301j:plain
マグヌッセンのサインはインク伸ばしちゃいました
f:id:F1world:20200518222244j:plain
f:id:F1world:20200518222348j:plain
f:id:F1world:20200518222445j:plain

f:id:F1world:20200518222410j:plainf:id:F1world:20200518222322j:plain

f:id:F1world:20200518222535j:plain

アロンソ色紙右下のカードは後に入手しましたが、色紙はこの時です。

 

サーキットには昼過ぎまで滞在し、午後はモントリオールの街に戻って街歩き。

 

大聖堂は、アブダビのモスクとも違って、荘厳な美しさ!

f:id:F1world:20200518222708j:plain

f:id:F1world:20200518222737j:plain

 

街も、古き良き時代の雰囲気を残して良い感じです。

f:id:F1world:20200518222811j:plain

 

夕飯は、ホテルの近くにあるショッピングモールにあったフードコートで食べました。

こうして、カナダGP初日は幕を閉じました。

2015年F1アブダビGP 11月29日(日) サイン会&決勝&総括

さて、早いもので最終日です。

この日の朝は、ホテルの周りを散策。

f:id:F1world:20200517180247j:plain

水辺の船着き場を散歩

地元の商店街などに足を踏み入れると、中東特有の緊張感を多少感じた気がしました。

ただ、実際には治安は良く、海外慣れしていない私が過敏になっていただけな気もします。

 

この日は、レース後そのまま空港へ行き、帰国するので、ホテルはチェックアウトしてからバスでサーキットへ。

サーキットへ向かう道中。バスの中ではクイズ大会開催~。

この日のレース結果を当てるクイズです。

レース結果と言っても、順位を当てるだけでなく、セーフティーカーが出るか、や、リタイアは何台出るか、など、かなり運も必要なクイズです。

しかも、1位商品は、翌年2016年シンガポールGPの観戦券!

さすがHIS。大手はスケールがでかいな。

バスを降りる時に提出。

 

ちなみにこの日のスケジュールはこんな感じ。

f:id:F1world:20200517180325j:plain

主なところでは、

13:00~13:20 ザウバーサイン会

13:30~13:50 フォースインディアサイン会

14:05~14:25 ウイリアムズサイン会

15:30~ ドライバーズパレード

17:00~ 決勝レース

 

というわけで、サーキット到着後は、いつもの通りサイン会へ。

私はザウバーの列に並び、フォースインディアの列が少し長かったので、妻には先にフォースインディアの列へ並んでもらいました。

f:id:F1world:20200517180402j:plain

無事にザウバー2人のサインGET!

すぐにフォースインディアの列にいる妻に合流。

f:id:F1world:20200517180412j:plain

時間ギリギリで滑り込みセーフ!妻に並んでもらっていて良かった!

更にウイリアムズの列へ。

ちょっと長いかな。順番来ないかもな。

 

やっぱりダメでした。

 

この日もらったサインはこんな感じです。

f:id:F1world:20200517180439j:plain

f:id:F1world:20200517180459j:plain

f:id:F1world:20200517180534j:plain
f:id:F1world:20200517180610j:plain
f:id:F1world:20200517180554j:plain
f:id:F1world:20200517180624j:plain

ペレスは、セルフィーを撮るのに夢中になって、サインはもらい損ねてしまいました。

それにしても満足です。いや、ほんとに満足です。

 

この後、席に行き、ドライバーズパレード。

アブダビモナコと同じ、1台のトレーラー方式です。

f:id:F1world:20200517180721j:plain
f:id:F1world:20200517180643j:plain
f:id:F1world:20200517180811j:plain
f:id:F1world:20200517180746j:plain
f:id:F1world:20200517180850j:plain
f:id:F1world:20200517180829j:plain

 

スタート前のセレモニーではジェット機も登場

f:id:F1world:20200517180914j:plain

 

レース結果は、順当にメルセデスのワンツー!

マクラーレンホンダは入賞ならず!

フィニッシュ後には、花火も盛大に上がり、ドライバーも最終戦なのでエンジンやギアボックスをいたわる必要も無く、いたる所でドーナツターン!

ヤスホテルもカラフルに!

f:id:F1world:20200517180933j:plain

 

この後は、ツアー送迎バスで空港へ。

サイン会とレースの興奮ですっかり忘れていた、クイズ大会の結果発表!

もはや自分が何と答えたかも覚えていませんでしたが、

 

なんと私、1位!!!!!

 

商品、2016年シンガポールGP観戦券!!!!!

 

翌年のシンガポールGP観戦が決まった瞬間でした。

あまりに驚いて、リアクションとれませんでした。

 

そして、空港へ到着。ラウンジで休憩&腹ごしらえ。

f:id:F1world:20200517180955j:plain

日付変わって11/30(月)2:55発のフライトで帰国。同日17:20成田着。

夢のような旅は幕を閉じたのでした。

 

総括です。

  • まず一言で、最高です。必ずまた来ます。
  • サイン会方式はとても良い。同じ日に好きな複数チームがサイン会を行う場合、どちらに並ぶかという選択を迫られるが、頑張れば自分の好きなドライバーや、複数のドライバーからサインがもらえる。
  • 雨の心配が少ないというのも、安心材料として大きい。
  • 観戦席はゆったりとした作りで、屋根もあるため日陰で観れる。
  • 通貨ディルハムを日本で用意するのは難しいが、ドバイの空港で結構良いレートで両替できる。
  • 治安も問題無い。夜のタクシーも不安無し。
  • ツアーだと行動に制約はあるが、ドバイ・アブダビ間の往復を毎日自分で行うのは苦労する。かと言ってサーキット周辺ホテルを手配するには金額面が高くなるため、現実的にはベターな選択だと思う。
  • 行き帰りともに機中泊になるため、ベッドじゃないと眠れない人は疲れるかも。