サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン クビアト編

今年のGPも、今週末からの中東3連戦で終わりです。

とうとう現地観戦無しで終わってしまいます。

現地観戦ブログの再開がいつになるかわかりませんので、ドライバーのサイン紹介ブログを続けたいと思います。

今回は、アルファタウリから参戦するロシア人ドライバー、ダニール・クビアトのサインを紹介します。

 

クビアトは、2014年にトロロッソからデビュー。

その後、現在に至るまで、かなり浮き沈みの激しいキャリアだと思います。

f:id:F1world:20200917121101j:plain

デビュー翌年には、ベッテルの離脱で空いたシートを埋める形でレッドブルに昇格。

その年のハンガリーGPで初表彰台(2位)を獲得。シーズンを通したドライバーズランキングでもチームメイトのリカルドを上回る成績。

個人的には、良いドライバーが出てきたなぁと思っていました。

そして翌年2016年も3戦目の中国GPで表彰台(3位)を獲得。

ところが、次のロシアGPでベッテル接触フェルスタッペンを他チームに引き抜かれたくないレッドブルグループの意向もあり、その次のスペインGPからフェルスタッペンと入れ替わる形で降格。

翌2017年もトロロッソから参戦していましたが、シーズン終盤にガスリーにシートを奪われる形でシート喪失。

2018年は浪人しましたが、2019年はレッドブルグループのドライバー不足もあってトロロッソから復帰。2020年もアルファタウリから参戦しています。

 

一時期は接触も多かったこともあり、気性が荒いのではないかと思う方もいるかもしれませんが、ファンサービスはとても丁寧で、サインも大きく崩れることはありません。

ここでいつものお約束です。

これまでも書いていますが、私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのは、そういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

では、クビアトの直筆サイン、ご覧下さい。

f:id:F1world:20201128140315j:plain

こちらは2020年オーストラリアでもらったサインです。

1対1の、とても落ち着いた状況でもらえたので、非常に丁寧なサインです。

その時の状況、興味のある方は下のブログをご覧下さい。

f1world.hatenablog.com

f:id:F1world:20201128140329j:plain

f:id:F1world:20200716174454j:plain

f:id:F1world:20201128140333j:plain
f:id:F1world:20201128140341j:plain
f:id:F1world:20201128140348j:plain
f:id:F1world:20201128140354j:plain

右側の写真のサインは他のサインとは向きが異なります。

下の写真の向きに変えると、他のサインと同じ向きです。

f:id:F1world:20201128140322j:plain

オコンのサインでもありましたが、私自身は横向きにサインをもらった記憶はありません。

横向きに書くのが流行ってるんですかね??? またまた謎です。。。

 

f:id:F1world:20201128140401j:plain
f:id:F1world:20201128140407j:plain
f:id:F1world:20201128140254j:plain
f:id:F1world:20201128140307j:plain
f:id:F1world:20201128140301j:plain

上の2つのような、1ページに2人並んだレイアウトだと、隣のドライバーのエリアまで侵食する傾向があります。

おかげで隣のガスリーのサインは窮屈になってしまいました。

 

あまり大きく崩したり省略したりすることなく、いつも比較的丁寧にサインをくれる印象です。

現在はホンダドライバーですので、サイングッズの購入を検討する方もいると思います。

本物の直筆サインを見て確認してから買いたいという方は、こちらで載せたサインを参考にしてみてください。

 

来年の去就が未定ですが、今年のオーストラリアでサインをくれた数少ないドライバーの1人ですから、個人的には好きなドライバーです。

来年のサーキットでも会えることを期待しています。

f:id:F1world:20201222205755j:plain

2016年カナダGP レコノサンスラップにて撮影