サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン ブエミ、フィジケラ、ヴルツ

以前のブログでも書いたかもしれませんが、私がレギュラードライバー全員のサインを持っているのは、2013年~2019年です。

ちなみに、レギュラードライバーであれば、シーズン途中にドライバー変更があってもどちらもサインがあります(例えば、2016年マノーのハリアントオコン

一方で、スポット参戦ドライバー(例えば、2014年ケータハムからベルギーGPのみスポット参戦のロッテラー)のサインは無い場合があります。

2020年以降はコロナ禍で現地観戦ができていないため(2020年オーストラリアGPは行ったんですが。。。)、2020年以降デビューのドライバー(ラティフィ、マゼピン、ミック・シューマッハ、角田)のサインはありません。

また、2012年参戦ドライバーでは、ミハエル・シューマッハのみサインをもらえていません。

前回のブログで、2012年参戦ドライバーのサインの紹介も終わりましたので、今回からは2011年以前に参戦していたドライバーのサインを紹介します。2012年までと違い、数人のドライバーからしかサインをもらえていません。

先に書いておきますが、私がドライバーからサインをもらうようになったのは2012年モナコGP以降ですので、これから紹介するサインは、ドライバーがF1を退いた後にもらったものです。

なので、F1参戦中のサインとは若干異なる可能性もありますので、その辺りはご理解頂いた上でご覧下さい。

また、いつものお約束ですが、直接もらったサイン以外(購入品等)は載せません。

 

まずは、セバスチャン・ブエミです。

F1には2009~2011年の3年間、トロロッソから参戦しました。

ブエミには、WEC富士でサインをもらいました。

WECではトヨタフォーミュラEでは日産、F1ではレッドブルホンダ(リザーブ・テストドライバー)と、FIA世界選手権で日本の3大自動車メーカーのマシン全てに乗るという珍しいドライバーです。

f:id:F1world:20200723120523j:plain

f:id:F1world:20220211130456j:plain

f:id:F1world:20220211130502j:plain

サインはイニシャルのSとBを組み合わせているようにも見えます。

 

次はジャンカルロ・フィジケラです。

フィジケラは1996~2009年の14年間F1に参戦し、231戦出走、3勝をあげているトップドライバーです。

佐藤琢磨がF1にデビューした2002年のチームメイトとして記憶している方も多いのではないでしょうか。

フィジケラからも、WEC富士でサインをもらいました。

f:id:F1world:20200723120516j:plain

f:id:F1world:20220211130414j:plain

 

次はアレクサンダー・ヴルツです。

ヴルツのF1参戦は、レギュラードライバーとしては1998~2000年と2007年の4年間、加えて1997年と2005年にスポットで数戦出走しています。

優勝はありませんが、3位表彰台を3度獲得しています。

F1を退いた後はWECトヨタでも活躍しています。ちなみに2007年ウィリアムズもエンジンはトヨタでした。

ヴルツからもWEC富士でサインをもらいました。

f:id:F1world:20200723120519j:plain

f:id:F1world:20220211130423j:plain

 

今回紹介した3人のサイングッズの流通はあまり多くないようですが、購入検討時には参考にしてみて下さい。