サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン クルサード、デビッドソン、中嶋一貴

ドライバーの直筆サイン紹介のブログも、終わりがだいぶ見えてきました。

私が持っている直筆サインは、大半を紹介してきました。

今回はタイトルの通り、クルサード、デビッドソン、中嶋一貴のサインを紹介します。

前回のブログでも書きましたが、私がドライバーからサインをもらうようになったのは2012年モナコGP以降ですので、これから紹介するサインは、ドライバーがF1を退いた後にもらったものです。

なので、F1参戦中のサインとは若干異なる可能性もありますので、その辺りはご理解頂いた上でご覧下さい。

また、いつものお約束ですが、直接もらったサイン以外(購入品等)は載せません。

 

まずは、デビッド・クルサードです。

クルサードのF1参戦は、1994年~2008年の15年間。

ポールポジション12回、13勝、表彰台62回を獲得。

13勝というのは、チャンピオン未経験者では歴代2位の偉大な記録です。

ちなみに1994年のデビューは、その年亡くなったセナの代役としてでした。

サインはこちら。1点のみです。

f:id:F1world:20220211130418j:plain

 

次は、アンソニー・デビッドソンです。

デビッドソンのF1参戦は、レギュラードライバーとしては2007年と2008年。

ただ、2008年は所属チームのスーパーアグリがシーズン序盤で撤退してしまったので、実質1年ちょっとの参戦です。

他に、2002年と2005年にスポット参戦しています。

F1ファンの方には、ホンダのテストドライバーとしてのイメージが強いかもしれません。

F1を退いた後は、WECでトヨタのドライバーを長年務め、日本企業との関係が強いドライバーです。

サインはこちら。2点です。

f:id:F1world:20200723120526j:plain

f:id:F1world:20220211130438j:plain

 

今回最後は中嶋一貴です。

もはや説明不要かと思いますが、日本人初のF1フルタイムドライバー中嶋悟の息子です。

F1デビューは2007年の最終戦ブラジルGP。トヨタエンジンを積むウイリアムズから。

2008年~2009年もトヨタエンジンを積むウイリアムズからレギュラー参戦。

トヨタからのエンジン供給が2009年で終了したことに合わせて、シートも失いました。

チームメイトとの成績比較や、参戦期間とエンジン等を考えると、F1参戦はペイドライバーだったかなという印象です。

F1のシートを失った後は、国内レースやWECに参戦。WECでは成功を収めました。

もともとF1参戦時から一発の速さの不足は指摘されていましたので、スプリントレースよりも耐久レースに向いていたのだと思います。

ルマン24時間レースでは3勝し、WECシリーズチャンピオンも獲得しましたが、いずれもライバルメーカー不在だったので、その偉業の評価が分かれるところです。

サインはこちら。2点です。

f:id:F1world:20200712005347j:plain

f:id:F1world:20220211130515j:plain