サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン クビアト編

今年のGPも、今週末からの中東3連戦で終わりです。

とうとう現地観戦無しで終わってしまいます。

現地観戦ブログの再開がいつになるかわかりませんので、ドライバーのサイン紹介ブログを続けたいと思います。

今回は、アルファタウリから参戦するロシア人ドライバー、ダニール・クビアトのサインを紹介します。

 

クビアトは、2014年にトロロッソからデビュー。

その後、現在に至るまで、かなり浮き沈みの激しいキャリアだと思います。

f:id:F1world:20200917121101j:plain

デビュー翌年には、ベッテルの離脱で空いたシートを埋める形でレッドブルに昇格。

その年のハンガリーGPで初表彰台(2位)を獲得。シーズンを通したドライバーズランキングでもチームメイトのリカルドを上回る成績。

個人的には、良いドライバーが出てきたなぁと思っていました。

そして翌年2016年も3戦目の中国GPで表彰台(3位)を獲得。

ところが、次のロシアGPでベッテル接触フェルスタッペンを他チームに引き抜かれたくないレッドブルグループの意向もあり、その次のスペインGPからフェルスタッペンと入れ替わる形で降格。

翌2017年もトロロッソから参戦していましたが、シーズン終盤にガスリーにシートを奪われる形でシート喪失。

2018年は浪人しましたが、2019年はレッドブルグループのドライバー不足もあってトロロッソから復帰。2020年もアルファタウリから参戦しています。

 

一時期は接触も多かったこともあり、気性が荒いのではないかと思う方もいるかもしれませんが、ファンサービスはとても丁寧で、サインも大きく崩れることはありません。

ここでいつものお約束です。

これまでも書いていますが、私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのは、そういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

では、クビアトの直筆サイン、ご覧下さい。

f:id:F1world:20201128140315j:plain

こちらは2020年オーストラリアでもらったサインです。

1対1の、とても落ち着いた状況でもらえたので、非常に丁寧なサインです。

その時の状況、興味のある方は下のブログをご覧下さい。

f1world.hatenablog.com

f:id:F1world:20201128140329j:plain

f:id:F1world:20200716174454j:plain

f:id:F1world:20201128140333j:plain
f:id:F1world:20201128140341j:plain
f:id:F1world:20201128140348j:plain
f:id:F1world:20201128140354j:plain

右側の写真のサインは他のサインとは向きが異なります。

下の写真の向きに変えると、他のサインと同じ向きです。

f:id:F1world:20201128140322j:plain

オコンのサインでもありましたが、私自身は横向きにサインをもらった記憶はありません。

横向きに書くのが流行ってるんですかね??? またまた謎です。。。

 

f:id:F1world:20201128140401j:plain
f:id:F1world:20201128140407j:plain
f:id:F1world:20201128140254j:plain
f:id:F1world:20201128140307j:plain
f:id:F1world:20201128140301j:plain

上の2つのような、1ページに2人並んだレイアウトだと、隣のドライバーのエリアまで侵食する傾向があります。

おかげで隣のガスリーのサインは窮屈になってしまいました。

 

あまり大きく崩したり省略したりすることなく、いつも比較的丁寧にサインをくれる印象です。

現在はホンダドライバーですので、サイングッズの購入を検討する方もいると思います。

本物の直筆サインを見て確認してから買いたいという方は、こちらで載せたサインを参考にしてみてください。

 

来年の去就が未定ですが、今年のオーストラリアでサインをくれた数少ないドライバーの1人ですから、個人的には好きなドライバーです。

来年のサーキットでも会えることを期待しています。

サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン オコン編

今回は、フランス人ルノードライバー、エステバン・オコンのサインを紹介します。

オコンは2016年後半にマノーからデビューし、メルセデスルノー、2つのワークスのサポートを受けるという、期待の若手です。

日本では、2018年ブラジルGPでのフェルスタッペンとの衝突及びレース後の出来事からアンチも多いようですが、直接会うと非常に丁寧なファンサービスをしてくれるドライバーです。

日本人女性で熱烈なファンもいるようです。アブダビGPのサイン会場で何度か見かけました。

私個人的には、2017年アブダビGPで運よくプライベートエリアで2人で会う機会があったので、推しドライバーの1人です。

f:id:F1world:20200613222721j:plain

ただ、2020年オーストラリアで会った際には、誰よりも大きなマスクを着け、ファンとの距離を置き、コロナウイルスに対して最も神経質になっていたドライバーでしたので、今後、今まで通りサインがもらえるかどうか心配です。

 

なお、ルノーでのチームメイト、リカルドのサインはこちらのブログで紹介済みですので、興味がある方はご覧ください。

f1world.hatenablog.com

 

それではサインの紹介に入りますが、いつものお約束です。

これまでも書いていますが、私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのは、そういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

では、ご覧下さい。

f:id:F1world:20200707213813j:plain

こちらの1/2ヘルメットのサインは、サインの右側にカーナンバーの「#31」を入れてくれたので、その部分が他のサインとは異なります。

f:id:F1world:20200715211238j:plain

f:id:F1world:20201122104704j:plain

上の写真、色紙と一緒に写るカードのサインは印刷サインです。

f:id:F1world:20201122104634j:plain

f:id:F1world:20201122104656j:plain
f:id:F1world:20201122104647j:plain

デビュー当初から、サインはあまり変わっていないと思います。

f:id:F1world:20201122104640j:plain
f:id:F1world:20201122104627j:plain

上の2つのサインの内、左のサインは少しブレて、若干ふにゃ感のあるサインになってしまっています。

また、右のサインは横から書いたのか、他のサインとは向きが異なります。

下の写真の向きに変えると、他のサインと同じになりました。

f:id:F1world:20201122214958j:plain

もらった時の状況を忘れてしまいましたが、横向きにもらったことなんて無かったような気もするのですが。。。謎です。。。

 

f:id:F1world:20201122104619j:plain
f:id:F1world:20201122104727j:plain
f:id:F1world:20201122104719j:plain
f:id:F1world:20201122104711j:plain

サイン紹介は以上になります。

あまりサインに変化が無いオコンですから、サイングッズの購入を検討する際には、ここに載せたサインを参考にして頂ければ、安心して判断できるのではないでしょうか。

 

コロナウイルスを誰よりも気にしていた様子のオコン。

ウイルスなんて気にすることなく、以前と同様のファンサービスが再開される日が早く来ることを願っています。

 

サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン ノリス編

前回のサインツに続き、今回はチームメイトのランド・ノリスのサインを紹介します。

ノリスは2019年にデビューし、まだ2年目の若手ですが既に速さを見せていますね。

そんなノリスは、ヨーロッパでは既に大人気です。

日本にも人気の波が押し寄せるかどうかはわかりませんが、可能性は十分あると思います。

ですから、サイングッズの購入を検討する方もいらっしゃるでしょう。

購入を検討する時には、これから載せる直筆サインを参考にしてみて下さい。

ここに載せる直筆サインと見比べて何か違和感を感じたら、その違和感を信じて、その品は避けるという判断もあると思います。

 

これまでも書いていますが、私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのは、そういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

それでは、ノリスのサインのご紹介です。

f:id:F1world:20201112221515j:plain

f:id:F1world:20201112221456j:plain

f:id:F1world:20200716174439j:plain

1/2ヘルメットのサインはブレてしまって途中から書き直してもらったので、参考にならないかもしれません。

f:id:F1world:20201112221507j:plain
f:id:F1world:20201112221500j:plain

昨年デビューしたばかりで、今年はサインをもらう機会がありませんので、私が持っている直筆サインは以上です。サンプルとしては数が少な目ですみません。

まだ若いドライバーということもあり、サインは丁寧に書いてくれる印象です。

崩したサインを書くことも今のところは無いようです。

ノリスに限った話ではなく、他のドライバーにも言えることですが、丁寧なサインをもらうなら、デビューから間もない内が狙い目です。

サインを崩したりするのは、ある程度年数を経てからというのがよくあるパターンです。

サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン サインツ編

F1はシーズン終盤4戦を無観客で行うことを決定したそうで、現地観戦再開がまた1歩遠のいてしまった気もしますが、今回も引続きドライバーの直筆サイン紹介です。

サイングッズの購入を検討している方は、これから載せる写真の直筆サインを参考にしてみて下さい。

ここに載せる直筆サインと見比べて何か違和感を感じたら、その違和感を信じて、その品は避けるという判断もあると思います。

 

前回までで、メルセデスフェラーリレッドブルのドライバーは紹介しました。

今回ご紹介するドライバーは、マクラーレンカルロス・サインツJr.です。

Jr.と付くからには、同じ名前の父親がいて、F1だけ見ている方はご存知無いかもしれませんが、モータースポーツを広く見ている方にはお馴染み、ラリー界の名ドライバーですね。

WRCチャンピオンを2度、ダカールラリー総合優勝を3度達成しています。

 

そんな息子は2015年トロロッソからデビュー。

デビュー当時のチームメイトはフェルスタッペン

二世ドライバー同士のラインナップでしたが、父親のキャリアではサインツの圧勝でしょう。

しかし、F1での息子同士の争いでは、サインツも速さを見せていたものの、フェルスタッペンの印象の方が強く、2016年にクビアトとの入れ替わりでレッドブルに昇格したのはフェルスタッペン。

一方のサインツは2017年までトロロッソから昇格できず、2017年シーズン終盤からルノーに移籍。

その後、現在のマクラーレンを経て、2021年からはフェラーリドライバーとなることが決まっています。

 

いつもの通りのお約束です。これまでも書いていますが、私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのは、そういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

それでは、サインのご紹介です。

f:id:F1world:20200716174442j:plain

f:id:F1world:20200716174431j:plain

f:id:F1world:20201108113548j:plain

比較的シンプルなサインです。

ただ、なんて書いているのかはわかりません。。。イニシャルかな???

右側半分は「y」のようにも見えるのですが、彼のフルネームはCarlos Sainz Vázquez de Castroですから、「y」なんて1度も出てきません。

 

比較的いつも同じようなサインを書いてくれますが、下の写真のように最後の部分がくるりと〇になる場合と、

f:id:F1world:20201108113425j:plain

f:id:F1world:20201108113430j:plain
f:id:F1world:20201108113440j:plain
f:id:F1world:20201108113446j:plain
f:id:F1world:20201108113454j:plain
f:id:F1world:20201108113512j:plain
f:id:F1world:20201108113519j:plain

f:id:F1world:20201108113526j:plain

下の写真のように、跳ね上げただけのように見える場合とがあります。

f:id:F1world:20201108113420j:plain

f:id:F1world:20201108113504j:plain
f:id:F1world:20201108113532j:plain

また、多少崩れると、下のような感じになることもありました。

f:id:F1world:20201108113552j:plain
f:id:F1world:20201108123546j:plain

比較的、ファンサービスをしてくれるドライバーですので、目の前にサインツがいるような場面であれば、サインや写真をお願いしてみて下さい。

きっと対応してくれると思います。

ただ、断られた場合は、何か急いでいるような場合もありますので、潔く諦めましょう。

日本GPの木曜コースウォーク中などでは、ドライバーの進路をふさぐような位置取りをしてサインを求める人が大勢いましたが、見ていて気持ちの良いものではありません。

おそらくチームやドライバーからも苦情が出て、コースウォークができる範囲が大幅に縮小されたのでしょう。

 

最後に、サインツも含め、レッドブルグループを出て行ってしまったドライバーに思うことを少々。

レッドブルグループの現在のドライバー4名の内、クビアトとアルボンの2名は、レッドブルとしては過去に一度見切ったドライバーであり、現在もチームメイトに対して遅れを取ってしまっています。

出て行ってしまったドライバー(ベッテル、リカルド、サインツ)の1人でも2人でも残っていてくれたら、チームとしてもっと戦えていたのではと考えると、チームのドライバーマネジメント力の不足を感じてしまいます。

エースドライバーを優先するのはトップチームの宿命のようなものですが、逃した魚は大きかったような気がしてなりません。

サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン フェルスタッペン編

前回に引続き、ドライバーの直筆サイン紹介です。

サイングッズの購入を検討している方に参考にして頂ければと思っています。

基本的に、ピットの並び順(昨年のコンストラクターズランキング順)に紹介していきたいと思います。

前回のボッタスで、以前ご紹介したハミルトンと併せて、メルセデスは完了です。

フェラーリの2人は、既にご紹介済みですので、興味のある方はこちらのブログをどうぞ。

f1world.hatenablog.com

f1world.hatenablog.com

というわけで今回はタイトルにもある通り、レッドブルのフェルスタッペンです。

なお、チームメイトのアルボンは既にご紹介済みですので、ご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

f1world.hatenablog.com

 

フェルスタッペンは、2014年日本GPのFP1での初走行を経て、2015年に17歳でトロロッソからデビュー。

翌2016年スペインGPからレッドブルへ移籍し、その後の活躍は皆さんご存知の通りです。

 

ここからフェルスタッペンのサインを紹介しますが、いつもの通りのお約束です。

これまでも書いていますが、私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのは、そういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

フェルスタッペンのサインはこちらです。

f:id:F1world:20201103210347j:plain

MAXと書いているようにも見えますが、実際に何て書いているかはわかりません。

f:id:F1world:20200718145028j:plain

あまり省略することや崩すことはなく、いつも同じようなサインを書いてくれます。

f:id:F1world:20201103210410j:plain
f:id:F1world:20201103210359j:plain

下の写真のサインのように、線が1本少ないように見える時もあります。

f:id:F1world:20201103210353j:plain

また、少し丸みを帯びて見える時もあります。

f:id:F1world:20201103210339j:plain
f:id:F1world:20201103210330j:plain

なお、私の経験上ですが、フェルスタッペンのサインをもらうには、多少の運も必要だと感じています。

私がもらったサインの数も、他のドライバーに比べて少な目です。

シンガポールGPの出待ちなどで、完全にスルーされることはほとんどありませんが、サインは何人か置きにしていくイメージです。

なので、目の前を通っているのに、サインがもらえなかったということも何度もありました。

フェルスタッペン本人からサインをもらおうとしている方は、多少の運と根気が必要ですので頑張りましょう。

 

サイングッズの購入を検討している方は、上の写真のサインを参考にして下さい。

ここに載せた本物の直筆サインと見比べて何か違和感を感じたら、その違和感を信じて、その品は避けた方が良いと思います。