サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン ビアンキ編

今回直筆サインを紹介するのは、ジュール・ビアンキです。

f:id:F1world:20210924215801j:plain

2014年日本GPスターティンググリッドにて

ビアンキについては、2014年以前からF1を見ている方には説明不要かと思いますが、2015年以降にF1を見始めたという方もいるかと思いますので、少し説明します。

ビアンキフェラーリ・ドライバー・アカデミーに所属し、2013年にマルシャからデビューしたフランス人ドライバーです。

ただ、このデビュー、当初は予定されていませんでした。

本来はルイス・ラジアが参戦予定でしたが、ラジアのスポンサーマネーが期日までに支払われなかったため、代わりに参戦することになりました。

翌年2014年もマルシャから参戦し、同年モナコGPでチーム初のポイント獲得を達成。

将来のフェラーリ入りが期待される中、2014年日本GPで事故に遭い、そのまま意識を取り戻すことなく翌年25歳で亡くなりました。

2014年をもってF1界を後にしたドライバーは5人ですが、他の4人とは全く違う理由によるものでした。

F1での活躍は2年弱でしたが、同郷の後輩ドライバーからの人望は厚く、今でもルクレールガスリーは、ヘルメットに「JB17」(ビアンキのイニシャルとカーナンバー)と入れています。

 

そんなビアンキのサインを紹介する前にいつものお約束です。

私もサイングッズを購入することがあります。

ただ、これからご覧頂くのは購入品ではなく、私か妻がビアンキから直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

数は少ないですが、ご覧下さい。

f:id:F1world:20210924215816j:plain

f:id:F1world:20210924215736j:plain

f:id:F1world:20210924215820j:plain

何と書いているのかはわかりませんが、比較的シンプルなサインだと思います。

 

ビアンキのサイングッズは、ネット上でも一定の頻度で売買されています。

価格も高めであることが多いです。

シンプルなサインほど偽物製作が容易ですので、真贋の判断に迷うようなものもあるように思います。

参戦期間の長さや、その後の状況を考えると、それほど多くの本物が流通しているとは思えませんので、検討時には上の写真のサインを是非参考にして頂いて、偽物を掴まないようにお気を付けください。

 

ここからは私のビアンキ関連の話を2つほど。

1つ目は1/2レプリカヘルメットについて。

私は基本的に、1/2ヘルメットはサインをもらうためのグッズとして考えています。

なので、私の行動範囲とドライバーの現状を勘案して、サインをもらえる可能性のあるドライバーの1/2ヘルメットしか購入しません。

そんな中、サインをもらえないことを前提に購入した唯一の1/2ヘルメットが、ビアンキです。

f:id:F1world:20210924215746j:plain

自分でも理由はわかりませんが、なぜかこれだけはサインがもらえないとわかっていても買いたくなりました。

 

2つ目は、2014年日本GPについてです。

私はグランドスタンド(V2席)で観ていました。

こちらのブログにも書きましたが、決勝日に撮った写真を後から見返すと、ビアンキの写真を数多く撮っていました。

一部ご覧頂くとこんな感じです。

f:id:F1world:20210924215754j:plain

スタート前に雨の中を走るビアンキ

f:id:F1world:20210924215810j:plain

赤旗中断中に雨宿りするビアンキ

特に、赤旗中断中のビアンキについては、自らの足で立つ最後のシーンとして、貴重な写真を撮ったと我ながら思います。

サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン ベルニュ編

今回直筆サインを紹介するのは、ジャン-エリック・ベルニュです。

ベルニュは2012年にトロロッソからF1デビュー。

デビュー当時のチームメイトはリカルドでした。

2014年までの3年間トロロッソから参戦しましたが、レッドブルへの昇格や他チームへの移籍は叶わず、シートを失いました。

なお、翌年2015年にトロロッソからフェルスタッペンサインツJr.の2人の大物ルーキーがデビューしていますので、その時点で昇格も移籍もできていなかったベルニュがシートを喪失したのは仕方なかったのかなと思います。

F1のシートを失った後は、フェラーリのテストドライバー、WEC LMP2、フォーミュラEなどで活躍し、フォーミュラEでは2度のシリーズチャンピオンに輝きました。

近年ではWECにも参戦しておらず、コロナ騒動が正常化したとしても日本国内ではサインをもらう機会は乏しいと思います。

f:id:F1world:20210923111230j:plain

2012年モナコGP FP1にて撮影

そんなベルニュのサインを紹介する前にいつものお約束です。

私もサイングッズを購入することがあります。

ただ、これからご覧頂くのは購入品ではなく、私か妻がベルニュから直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

ご覧下さい。

f:id:F1world:20210919145830j:plain

何と書いてるかはよくわかりません。。。

イニシャルのJevと書いているようにも見えますが、定かではありません。

上のサインは比較的丁寧に書いてもらえたもので、普段は少し省略した、下の写真のようなサインを書くことが多いように思います。

f:id:F1world:20210919145823j:plain
f:id:F1world:20210919145809j:plain
f:id:F1world:20210919145836j:plain
f:id:F1world:20210919145816j:plain
f:id:F1world:20210919145842j:plain

f:id:F1world:20210919150112j:plain

F1ではあまり目立った成績も残せなかったためか、サイングッズの流通はあまり多くないようです。

なお、私自身はベルニュの偽物サインは見たことがありません。

ただ、私が偽物の存在を知らないだけという可能性もありますので、ベルニュのサイングッズの購入を検討される際に、偽物が少し心配で本物のサインと見比べたいといった時には、是非参考にしてください。

サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン 小林可夢偉編

今回からは2014年限りでF1界を後にしたドライバーのサインを紹介していきます。

2014年でF1界を後にしたドライバーは5人。チームが1つ消滅したこともあり、比較的多い年だと思います。

5名の名前を挙げると、小林可夢偉、ベルニュ、スーティル、チルトン、そしてビアンキです。

今回は前回のブログでも予告しましたが、ヤフオクで偽物サイン出品も確認したので、小林可夢偉のサインを紹介します。

f:id:F1world:20210918233601j:plain

2012年モナコGP FP2にて撮影

可夢偉については、もう説明不要ですね。

F1では、2012年日本GPで日本人3人目の表彰台!

その後はWECで2020年シリーズチャンピオン!

2021年には、とうとうルマン24時間で優勝!

個人的には、歴代日本人ナンバー1ドライバーだと思っています。

佐藤琢磨も、F1で表彰台獲得&インディ500で2勝と、遜色の無い実績です。ただ、ホンダ参戦中にF1シートを失った琢磨と、トヨタが撤退してもシートを確保し続けた可夢偉、という違いが、トヨタ・ホンダ以外のF1関係者からの評価の差を表していると思います。

そんな可夢偉には、F1参戦中だけでなく、国内レースWECの場でも何度もサインをもらうことができました。

この場を借りてお礼します。ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

 

そんな可夢偉のサインを紹介する前にいつものお約束です。

私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、これからご覧頂くのは、そういった購入品ではなく、私か妻が可夢偉から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

ではご覧下さい。

f:id:F1world:20210918230254j:plain
f:id:F1world:20210918230303j:plain

上の2つは、2012年日本GPでもらったサインです。

F1参戦中にもらえたサインは、この2つだけでした。

活躍の場を国内レースやWECに移してからのサインは、少し変化したと思っています。

こんな感じです。

f:id:F1world:20210918230315j:plain
f:id:F1world:20210918230247j:plain
f:id:F1world:20210918230209j:plain
f:id:F1world:20210918230239j:plain

サイン後半の部分に、縦方向の波線が増えたように思います。

f:id:F1world:20210918230216j:plain

f:id:F1world:20200712005344j:plain

モナコで撮った写真もプリントして、サインもらいました。

f:id:F1world:20210918230222j:plain

f:id:F1world:20200620001734j:plain

上の1/2ヘルメットのサインが震えているのは、私のせいです。

サインをもらう時、興奮と緊張でヘルメットを持つ手が震えてしまいました。可夢偉くんに「手震えてんで」って言われましたが、震えは止まらず。

表彰台獲得を生で見た、別世界のヒーローのような存在ですから仕方ありません。

 

少し崩れると、下のようなサインになることもあります。

f:id:F1world:20210918230324j:plain
f:id:F1world:20210918230308j:plain
f:id:F1world:20210918230232j:plain

 

今はコロナのせい(日本特有の過剰反応含めて)で、サーキットで直接サインをもらうことは難しいですが、ワクチン接種が進んで正常化すれば比較的会う機会があると思います。

サインが欲しいと思ったら、ネットでの購入ではなく、サーキットに行って直接もらうことを検討してみてはいかがでしょうか。

偽物に騙される心配も無いので、オススメです。

2015年F1アブダビGP プチ観光情報

2015年参戦ドライバーのサイン紹介も、前回までのブログで一巡しました。

今回は、2015年に行った海外GPのアブダビGPについて、追加情報を写真中心に少し載せたいと思います。

既に書いた本編はこちらからご覧下さい。

f1world.hatenablog.com

 

2015年のアブダビGPは、私にとって転機となった特別なGPでした。

海外GPは2012年のモナコGPが最初だったのですが、これは新婚旅行も兼ねていたので、特別で、非日常で、次をすぐに考えるような状況ではありませんでした。

そんな状況が、この2015年アブダビGPから一転。

毎年海外GPに行くようになり、年に複数回海外GPにいくこともしばしば。

要因の1つは、担当の方も含めたHISとの出会いですね。

ドバイからアブダビへの移動のバスの中で行われたクイズ大会の商品で、翌年2016年シンガポールGPのチケットを頂けたことも、すぐに次の海外GPの予定を考えるきっかけになりました。

 

そんな2015年アブダビGPの追加情報。

まずは、初日木曜にサーキット入り前に寄ったヤスモールです。

本編では、こちらの記事で、わずか数行だけ触れたヤスモール。

写真もほとんど撮っていなかったのですが、1枚だけ撮っていました。

それがこちら。

f:id:F1world:20210912135317j:plain

竹です。

中東まで来て、和を感じると思っていなかったので、妙に感動して撮った写真です。

ヤスモール全体の雰囲気を表す写真ではありませんが、こんな場所もあるよということで、参考まで。

 

次は、サーキット内の様子を少し紹介します。

この年はSOUTHスタンドから観戦していました(下の図参照)。

f:id:F1world:20200517134728p:plain

SOUTHスタンドとMARINAスタンドの間に、食事や休憩をするエリアがあるのですが、そのエリアを上から(SOUTHスタンドから)撮った写真がこちらです。

f:id:F1world:20210912135324j:plain

日差しが強いのでパラソルがたくさん並んでいます。

写真はFP2開始直前に撮ったものなので、金曜ということとFP2直前ということで人影はまばらですが、土日の走行セッション合間には非常に混雑します。

パラソル席を確実に確保したい場合は、早目の行動をお勧めします。

なお、海外によく行く方はご存知だと思いますが、海外の皆さんは非常にフレンドリーです。

席が混んでいれば普通に相席を求めてきますので、必要以上に場所を取らず、快く受け入れましょう。

そして、相席すると話しかけてくることが多いので、海外の方との会話を楽しみましょう。

 

次に紹介する写真は、金曜の夜に行った、ドバイモールでの写真です。

ドバイ定番土産の1つ、デーツを売っているバティールの写真はこちらのブログで紹介していますが、もう1つの定番、チョコレート店パッチの写真です。

f:id:F1world:20210912135329j:plain

パッチはアブダビのヤスモールにも入っています。

私もヤスモールで買いましたが、ドバイモールのパッチの方が、店も大きく、賑わっています。

私は店員さんに色々聞きながらのんびり買いたいので、空いているヤスモールの方が好みですが、ドバイモールの方が観光客も多いので、不慣れな方でも気後れせずに買えると思います。

ヤスモールは、木曜サーキットオープン前の午前中に行ったからか、お客さんもまばらで、店員さんとマンツーマンという状況もしばしば。

どちらの状況が好みかは人それぞれかと思いますので、お好みの方でどうぞ。

 

次に紹介する写真は、シェイク・ザーイド・グランドモスクです。

土曜の午前中に行きました。こちらのブログでも紹介しています。

f1world.hatenablog.com

まずは外観の別アングルをいくつか。

f:id:F1world:20210912135422j:plain

f:id:F1world:20210912135355j:plain

次に中の写真をいくつか。まずはステンドグラス。

f:id:F1world:20210912135408j:plain

次は絨毯。立派です。

f:id:F1world:20210912135336j:plain

最後に観光客を含めた様子です。メジャー観光地なので、人は結構多いです。

f:id:F1world:20210912135343j:plain

 

最後に、日曜のレース終了後の雰囲気です。

アブダビGPはトワイライトレースなので、レース終了は日没後。

なので、花火が盛大に上がります。

f:id:F1world:20210912135348j:plain

それから、アブダビGPはシーズン最終戦なので、エンジンやギヤボックスを気にする必要が無く、いたる所でドーナツターンが行われます。

トップ3ドライバーがメインストレートでドーナツターンを披露するのをご存知の方も多いと思いますが、SOUTHスタンド前でも、ターン11の先のエスケープゾーンで披露されます。

f:id:F1world:20210912135351j:plain

終戦ならではの光景だと思います。

現地観戦の際には、レース終了後も雰囲気を堪能できます。

 

話は少し変わりますが、偽物サインの件です。

これまでは、チャンピオン経験者の偽物サインが多かったのですが、ペレスと小林可夢偉の偽物出品をヤフオクで確認しました。

ペレスはレッドブル・ホンダでの活躍、可夢偉はルマン勝利で、日本国内での人気上昇を狙ったものでしょう。

商品はどちらもサイン入り写真(証明書付き)です。

出品者は、こちらのブログでも触れていますが、特徴は以下の通りです。

  • 大量の販売実績があり、ヤフオク出品マスターになっている。

  • 偽物ではないと正当化する商品説明を長文で記載している。

  • F1ドライバーだけでなく、他のスポーツ選手や芸能人等、数百点の商品を大規模に展開している。

  • 何人かの落札者は偽物であることに気付き、悪い評価を付けているが、偽物であることに気付かない落札者による良い評価が大量に積み上がっている。

  • 終了後のオークションの写真を削除している。

  • 価格が切りの良い金額ではなく数千980円などで出品している。

 

ペレスのサインはこちらのブログで紹介済みです。参考にして下さい。ブログ中で、レッドブル加入後の人気上昇に伴う偽物サイン出現を予想していましたが、その通りになってしまいました。

f1world.hatenablog.com

可夢偉の直筆サインは、次回のブログで紹介する予定です。

サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン メリ&ロッシ編

今回直筆サインを紹介するのは、ロベルト・メリとアレクサンダー・ロッシです。

f:id:F1world:20200517135623j:plain

2015年アブダビGPサイン会でメリと

両ドライバーとも2015年にマノーからのF1参戦でした。

前回のブログでサインを紹介したスティーブンスのチームメイトとして、当初はメリがエントリーされました。

メリは最近では珍しく、ワークス系ドライバーでもなく、スポンサー持込ペイドライバーでもない、純粋な速さでシートを勝ち取ってデビューを果たしたドライバーでした。

ただ、小規模チームのマノーはシーズンが進むにつれて資金繰りが厳しくなり、シンガポールGP以降7戦中5戦はスポンサーを持ち込むロッシにシートを譲ることになりました。

f:id:F1world:20210827234906j:plain

2015年日本GPドライバーズパレードでのロッシ

サインを紹介する前にいつものお約束です。

私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、これからご覧頂くのは、そういった購入品ではなく、私か妻がドライバーから直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

2人合わせて参戦1年だったので数は少ないですがご覧下さい。

まずは、メリのサインから。

f:id:F1world:20210827234928j:plain

なんて書いてあるかは、わかりません。。。

メリは日本GPには出走していませんので、メリのサインは日本国内では珍しいかもしれません。

サイングッズの流通も、ほとんど見かけません。

なので、稀に出品されるとコレクターの需要はあるようで、他の下位チームドライバーのサイングッズよりは多少高値で取引されているようです。

f:id:F1world:20210827234921j:plain

f:id:F1world:20210827234842j:plain

2015年アブダビGP FP3にて撮影

 

次にロッシの直筆サインを紹介します。

f:id:F1world:20210827234835j:plain

A Rossiと書かれているのがよくわかります。

ロッシはF1ではわずか5戦の出走で、目立った成績は残せませんでしたが、F1を去った後はインディに参戦し、2016年インディ500で優勝しています。

f:id:F1world:20210827234854j:plain

2015年日本GP FP3にて撮影


話は変わりますが、少し残念なニュースがありました。

ライコネンの引退です。

もっとライコネンにサインをもらおうと思って、1/43のスパークやミニチャンプスを買っていたのですが、コロナ禍で会えない間に引退となってしまいました。

引退が発表されてから最終レース後しばらくの間は、サイングッズなどの取引が増える傾向があります。

偽物出品者も稼ぎ時とばかりに出品数を増やすでしょうから、下のブログも参考に、偽物を買わないように注意してください。

f1world.hatenablog.com