サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン デラロサ編

今回サインを紹介するのは、ペドロ・デ・ラ・ロサです。

f:id:F1world:20200503004904j:plain

デラロサは、年配のレースファンの方はご存知だと思いますが、F1参戦前の1995年~1997年の3年間は日本でレース活動をしていました。

最終年の1997年には、フォーミュラ・ニッポン全日本GT選手権でダブルタイトルを獲得し、大成功を収めてF1にステップアップしていきました。

F1デビューは1999年にアロウズから。チームメイトは高木虎之介。何かと日本に縁のある戦歴です。

アロウズから2年間参戦した後、一旦シートを失って2001年はプロスト・グランプリのテストドライバーとなりましたが、シーズン途中でジャガーのレースシートを獲得。

翌2002年もジャガーから参戦したものの、2003年は再度シートを失ってマクラーレンのサードドライバーに就任。2006年途中からモントーヤ離脱に伴いレギュラードライバーに復帰。

しかし翌2007年から2009年の3年間は再びマクラーレンのテストドライバーに。

2010年にザウバーからレギュラードライバーに復帰。チームメイトは小林可夢偉。やっぱり日本に縁がありますね。しかしシーズン後半には、ニック・ハイドフェルドにシートを奪われました。

2011年のマクラーレンのテスト兼リザーブドライバーを経て、2012年はHRTからレギュラードライバーとして参戦。この2012年が最終参戦となりました。

上記の通り、何度シートを失っても、その度に復帰を果たしてきました。

最高成績も2位表彰台と、確り結果も残しています。ちなみにそのレース、勝ったのはホンダのバトン。2006年ハンガリーGPでした。

その他、GDPAの会長を何年も務め、ドライバーからの人望も厚かったようです。

 

さて、だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、そんなデラロサのサインを紹介する前にいつものお約束です。

私もサイングッズを購入することがあります。

ただ、ここでご覧頂くのは購入品ではなく、私か妻がデラロサから直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

数は少ないですがご覧下さい。

f:id:F1world:20220130150429j:plain

なんと書かれているかは、正直全くわかりません。

f:id:F1world:20220130150434j:plain
f:id:F1world:20220130150420j:plain

ただ、あまり大きく乱れることや崩すこともないようで、3つとも同じようなサインです。

日本に馴染みのあるデラロサですが、サイングッズの流通は、あまり目にしません。

本物のサインをこのブログで初めて見たという方もいるでしょうから、サイングッズ購入検討時には是非参考にして下さい。

f:id:F1world:20220130150424j:plain

2012年モナコGP フォーメーションラップにて撮影