サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン スティーブンス編

今回直筆サインを紹介するのは、ウィル・スティーブンスです。

ティーブンスのF1デビューは2014年の最終戦アブダビGP、このGPがF1ラストレースとなる小林可夢偉のチームメイトとして、ケータハムからの参戦でした。

この年、可夢偉のチームメイトはエリクソンでしたが、シーズン終盤に資金難からチームが参戦継続を断念すると、シーズン終了を待たずにエリクソン自ら離脱。

終戦アブダビGPでチームが復活参戦した際、既に離脱していたエリクソンに代わり出走しました。

ケータハムはこの年で消滅しましたが、翌2015年はマノーからフル参戦しました。

下位チームだったこともあり目立った成績は残せず、実質1年でF1シートは失いました。

f:id:F1world:20210822210401j:plain

ラストレースとなった2015年アブダビGP FP2にて撮影

そんなスティーブンスの直筆サインを紹介する前にいつものお約束です。

私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、これからご覧頂くのは、そういった購入品ではなく、私か妻がスティーブンスから直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

参戦1年だったので数は少ないですがご覧下さい。

f:id:F1world:20210822210354j:plain

f:id:F1world:20210822210346j:plain

W Stevensと書いているように見えます。

比較的丁寧なサインを書く印象です。

f:id:F1world:20210822210338j:plain
f:id:F1world:20210822210331j:plain

ここに写真はありませんが、イニシャルのWSだけのサインを書いているのを見たこともあります。

 

ティーブンスは参戦期間1年のみなので、サイングッズの流通は少ないように思います。

また、あまり目立った成績は残せなかった下位チームのドライバーなので、サイングッズを欲しがるのも私のようなコレクターやマニアでしょうから、購入検討時に真贋に迷うことも少ないかもしれませんが、判断に迷う時には参考にして頂ければと思います。

f:id:F1world:20200517134457j:plain

2015年アブダビGPサイン会にて 妻とスティーブンス


話は変わります。少し長くなりますが、お付き合い頂けると幸いです。

ヤフオクなどで、「こんな出品者からは買わない!」という話です。

これまで「偽物サイングッズを出品する出品者からは買わない!」という観点で、偽物サインに騙されないためのブログを書いてきました。

今回言及する出品者は、サインの真贋という意味では、おそらく偽物ではないと思います。

「おそらく」というのは、私自身はこの出品者からは買ったことがないし、今後も絶対に買わないので、実物を見ていないため断定はしません。

この出品者は、ヤフオクの商品説明欄や自己紹介欄で、他のいくつかの出品者IDを明記して、その出品者のサイングッズは偽物だと断言し、自分の出品物のサインは自分かスタッフが直接もらってるから本物だ、正々堂々取引するから匿名取引はしない、できるだけサイン時の写真を載せる、などと言うことを延々書き連ねています。

幸い、今のところ偽物サイン出品者と名指しされているIDの中に私のIDは無いので、とばっちりは被ってませんが、行儀が悪いなぁと思います。

コロナ禍においても現地に行っているようなので、ジャーナリストか何かなのでしょう。チームスタッフではないと思います。

ネット上では個人も特定されているようです。他人のIDを明記しているので、その出品者IDをここで明記することも考えましたが、私は自分の目で確認したこと以外は断定しないようにしているので、控えておきます。

主要メディアではほとんど名前を見ないので、本業はイマイチなのでしょう。サイングッズで小銭を稼ぐ日々のようです。

さて、私がなぜこの出品者のサイングッズがきっと本物なのに、絶対に買わないかと言うと、転売目的でもらっているサインだからです。

ドライバーも限られた時間の中で分刻みのスケジュールをこなしています。そんなドライバーの貴重な時間を転売ヤーに少しでも奪われると、その分ファンサービス(正当なファンに向けた)の時間が削られるかもしれません。

転売ヤーの動機はただ一つ。高く売れるからです。

なので、転売ヤーからの購入は控え、転売を儲からないものに変えるしか、転売ヤーを排除する方法はありません。

このブログを見てくださっている方は、F1ドライバーのサインに少しでも興味がある方だと思います。

転売ヤーを排除することで、ドライバーが正当なファンにサインする時間を少しでも増やせば、あなたも直接サインをもらえる時が来るかもしれません。

また、その出品者がサイングッズをドライバーに持たせた写真を証拠写真として載せているのを見ると、ドライバーの目が全く笑っていません。薄々勘付いているのでしょう。

それも、転売ヤーを排除したいと強く思う、もう1つの理由です。

購入を検討する方々に、このような考えが少しずつでも浸透すると良いなと思います。

 

なお、断っておきますが、私もサイングッズを時々出品しますが、これは転売目的で入手したものではありません。

基本的に私が出品するのは、同じものがダブってしまった時です。

なぜダブりが生じるかと言うと、以下のような場合です。

  • 妻も同じサインをもらっていた(ドライバーカードで生じます)
  • 既にサインをもらっていたことを失念していた(色紙で稀に生じます)
  • ネットで購入する際セット販売されていて、そのうちいくつかを既に持っている。この場合は購入品を出品(転売)しますが、購入品であることを明記しています。

結果的には、ドライバーの貴重な時間を奪っているという点では同じなので、綺麗事言うなと言われてしまうかもしれませんが、賛同してくださる方が少しでもいらっしゃれば幸いです。

長文お付き合い頂き有難う御座いました。