サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン ピック&ディレスタ&ヴァンデルガルデ編

前回までで2014年参戦ドライバーのサイン紹介も一巡しましたので、今回は2013年参戦ドライバーの直筆サインを紹介します。

2013年でF1を去ったドライバーは、ウェバー、ピック、ディレスタ、ヴァンデルガルデの4名です。

ウェバーについては、こちらのブログで既に紹介済みですので、興味がある方はご覧下さい。

f1world.hatenablog.com

以前のブログにも書きましたが、私がF1ドライバーにサインをもらうペースが上がったのは2015年アブダビGP以降です。

なので、2013年にF1を去ったドライバーのサインは私も少ししか持っていないので、今回は3人分まとめて紹介します。

 

いつものお約束です。

私もサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログでご覧頂くのは購入品ではなく、私か妻がドライバーから直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

数は少ないですが、ご覧下さい。

 

まずは、シャルル・ピックのサインから。

f:id:F1world:20211116125144j:plain

2012年モナコGP FP1にて撮影

ピックは2012年にマルシャからF1デビューし、翌2013年はケータハムへ移籍。2年間の参戦となりました。

そんなピックのサインはこちらです。2つです。

f:id:F1world:20211116125134j:plain

f:id:F1world:20211116125119j:plain

2つ目のサインはちょっと雑に書かれてしまいましたが、これも1つのサンプルとして参考にして下さい。

f:id:F1world:20200503005036j:plain

 

次は、ポール・ディ・レスタのサインを紹介します。

f:id:F1world:20200503005056j:plain

ディレスタは、2006年ユーロF3チャンピオン、2010年DTMチャンピオンを獲得し、2011年にフォースインディアからF1デビュー。2013年まで3年間参戦しました。

その後もDTMやWECでレース活動は継続しつつ、F1においてもインタビュアーやリザーブドライバーを務めています。

2017年には、体調不良のマッサに代わり、リザーブドライバー契約を結んでいたウイリアムズから1戦出走しました。

実は今年2021年も、マクラーレンリザーブドライバー契約を結んでいます。

そんなディレスタのサインはこちらです。3つです。

f:id:F1world:20211116125125j:plain

イニシャルのPDRと書かれているようにも見えます。

f:id:F1world:20211116125138j:plain
f:id:F1world:20211116125130j:plain

今でもF1の場にいることが多いので、今後もサインを直接もらうチャンスがあるかもしれません。

f:id:F1world:20211116125149j:plain

2012年モナコGP FP1にて撮影

 

最後に、ギド・ヴァン・デル・ガルデのサインを紹介します。

f:id:F1world:20200506031113j:plain

ヴァン・デル・ガルデは、F1参戦は2013年にケータハムから1年参戦したのみですが、日本の皆さんには、スーパーアグリスパイカーとの二重契約問題の印象が強いかもしれません。

2015年のザウバーによるドライバー多重契約騒動の当事者でもあり、何かと契約事で目立ってしまうドライバーです。

現在では活躍の場をWECに移しています。

サインはこちらです。1点です。

f:id:F1world:20211116125154j:plain

 

今回紹介した3名のサイングッズは、ネット上での流通量もそれほど多くないようです。

偽物リスクも高くはないと思いますが、購入を検討する際には参考にして下さい。