サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン クビサ編

今回直筆サインを紹介するのは、ロバート・クビサです。

2020年フル参戦ドライバーの直筆サイン紹介は一巡したので、2019年参戦ドライバーのサインを紹介していきます。

と言っても、2019年フル参戦ドライバーで2020年にシートを失ったのは、クビサヒュルケンベルグの2名のみ。

ヒュルケンベルグのサインは以下のブログで紹介済みですので、クビサの紹介で2019年フル参戦ドライバーも一巡です。

f1world.hatenablog.com

 

クビサのサインをご覧頂く前に、1つ注意があります。

私がクビサのサインをもらったのは、全て2019年以降です。

ご存知の通りクビサは2011年の事故で大怪我をしており、右腕の機能は完全には回復していません。

もともとクビサは右利きですが、事故後はサインを左手で書いています。

なので、事故前のサインとは雰囲気が全く異なると思います。

あくまで「事故後の」サインの参考としてご覧下さい。

 

加えて、いつものお約束です。

私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、これからご覧頂くのは、そういった購入品ではなく、私がクビサから直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

それではご覧下さい。

f:id:F1world:20200716174449j:plain

サインはクビサのフルネーム、Robert Józef Kubicaのイニシャル、RJKと書かれていると思います。

書いてる順番もR→J→Kでした。

f:id:F1world:20210130130751j:plain

f:id:F1world:20210130130723j:plain

f:id:F1world:20210130130729j:plain

f:id:F1world:20200716174446j:plain

最後のモデルカーのサインはインクの出が悪く、薄くて見にくいですが、台紙に印字されているのは事故前の印刷サインです。

全体のバランスなどが、かなり変わった印象です。

今は利き手ではない左手でサインを書いているので、色紙などの比較的大きなものにもらう際はスムーズですが、モデルカーのような小さめのものにサインをもらう際には、少し書きにくいのかなと思うような雰囲気でした(思い過ごしかもしれませんが)。

 

事故から復帰後のサイングッズの購入検討時に真贋が気になった際には、ここに載せた直筆サインを参考にしてみてください。

 

年齢的な観点や、シートを狙う他のドライバーの顔ぶれを考えると、レギュラードライバーへの復帰は厳しい気がしますが、応援したくなる存在です。

しばらくはコロナの影響でリザーブドライバーの役割も普段以上に重要となるでしょうから、何かあった時の代役として活躍する姿を見れたらいいなと思います。

f:id:F1world:20210130130736j:plain

2018年アブダビGP FP1にて撮影