サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン ボッタス編

ブログテーマですが、観戦持参グッズ編も一巡しました。

f1world.hatenablog.com

掲載したもの以外では、飲み物を多少持参したり、汗拭きタオルを持っていったりと、解説するほどのものではありません。

 

未だ現地観戦はできない状況が続いてしまっているわけで、ブログテーマを再検討しました。

これまでに書いたブログでは、サインの解説が今でも読んで頂いているようです。

8月に書いたハミルトンのサインのブログが、未だにアクセス数が最も多いです。

f1world.hatenablog.com

 

これまでは、私が偽物サインを見たことのあるドライバーや、省略形のサインを書いたり、昔と比べてサインが変わったりと、ぱっと見で真贋の判断が難しいドライバーのサインを掲載してきました。

ただ、私が見たことが無いだけで、既に偽物サインが出回っているドライバーもいるかもしれませんし、初めてサイングッズの購入を検討している方は、誰のサインであろうと、それが本物かどうか可能な限り確かめたいと思っていらっしゃると思います。

したがって、これからは、私が直接サインをもらったことのある全ドライバーのサインを、順次載せていこうと思います。

これまでも書いていますが、私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのは、そういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

 

というわけで、今回は、タイトルにも書きましたが、ボッタスです。

ボッタスは2013年にウイリアムズからデビュー。

2016年にチャンピオンとなったロズベルグが突然の引退を発表し、後任として2017年からメルセデスへ移籍。

なかなかハミルトンには敵いませんが、セカンドドライバーとしての役割は十分に果たしていると言えるのではないでしょうか。

そんなボッタスのサイン、まずはご覧ください。

f:id:F1world:20201030190049j:plain

イニシャルの「V.B」ですね。彼の名前はValtteri Bottasです。

とてもシンプルなサインです。

デビュー当時から、ほとんど変わりません。

ちなみにデビューイヤーの2013年にもらったサインはこちら。

f:id:F1world:20201030190151j:plain

一方、最も最近、2019年にもらったサインはこちら。

f:id:F1world:20200715211242j:plain

ボッタスのサインは、印刷サインと比べても崩れが少なく、とても綺麗なサインを書いてくれます。

ちなみに参考として、2019年の印刷サインはこちらです。

f:id:F1world:20201030190228j:plain

※ これは印刷サインです。直筆ではありません。

それでは、ここからは直筆サインを載せていきます。多少の崩れ方も含めて、参考にどうぞ。

f:id:F1world:20201030190213j:plain
f:id:F1world:20201030185829j:plain
f:id:F1world:20201030185837j:plain
f:id:F1world:20201030185846j:plain

イリアムズ時代は、ファンの要望に非常に丁寧に対応していて、フェンスの外から呼ばれても、フェンスの方へ行き、サインをしていました。

メルセデスへ移籍後は、求められる頻度も上がったのか、ウイリアムズ時代ほどのファン対応はしなくなりましたが、それでも、比較的ファンサービスに応じてくれるドライバーの1人だと思います。

f:id:F1world:20201030190208j:plain
f:id:F1world:20201030190202j:plain
f:id:F1world:20201030185856j:plain
f:id:F1world:20201030185905j:plain
f:id:F1world:20201030185916j:plain
f:id:F1world:20201030185923j:plain
f:id:F1world:20201030185940j:plain
f:id:F1world:20201030185948j:plain
f:id:F1world:20201030185930j:plain
f:id:F1world:20201030190127j:plain

ボッタスのサインはシンプルですから、需要が増加したときには、簡単に偽造されてしまうと思います。

それでも、直筆サインは人の手によって書かれるものですので、やはり多少のクセが出ます。

ここに載せた本物の直筆サインと見比べて、何か違和感を感じたら、その違和感を信じて、その品は避けた方が良いと思います。

f:id:F1world:20201225231635j:plain

2015年アブダビGP FP3にて撮影