サイングッズ購入検討の参考に 直筆サイン シロトキン編

2018年から2019年にかけては、ドライバーの入れ替わりが多かった年だと思います。

2018年フル参戦ドライバーで、翌年2019年のシートが無かったドライバーは、アロンソ、オコン、シロトキン、ハートレー、バンドーン、エリクソンと、実に6名です。

チーム間でのシャッフルは比較的毎年ありますが、チーム数の減少も無い中でのこの人数は、かなり多い印象です。

ただ、オコンは2020年に復帰し、アロンソは2021年に復帰予定です。

オコンとアロンソのサインは下のブログで既に紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

f1world.hatenablog.com

f1world.hatenablog.com

 

今回はシロトキンのサインを紹介します。

 

シロトキンのF1参戦は2018年の1年のみで、2018年のドライバーズランキングは最下位となり、厳しいシーズンとなってしまいました。

日本には、ファンというほどの方は多くないと思いますので、サイングッズの購入を検討する方も少ないかもしれませんが、流通量も少ないので、いざ検討する際の参考となるサンプルも少ないと思います。

なので、こちらで載せる直筆サインを参考にしていただければと思います。

 

ここでいつものお約束です。

私もヤフオクなどでサイングッズを購入することがあります。

ただ、このブログに載せるのはそういった購入品ではなく、全て私か妻がドライバー本人から直接もらったサインのみ、100%直筆と断言できるものだけです。

では、ご覧下さい。

f:id:F1world:20210214010431j:plain

f:id:F1world:20210214010441j:plain

f:id:F1world:20210214010424j:plain
f:id:F1world:20210214010403j:plain
f:id:F1world:20210214010418j:plain
f:id:F1world:20210214010409j:plain

イニシャルのS.Sを重ねて書いているようにも見えますが、何と書かれているのかは正直よくわかりません。

 

シロトキンは前述の通り、1年のみの参戦でしたのでサンプル数はあまり多くはないですが、2018年の私の現地観戦は、スペインGPシンガポールGP日本GPアブダビGPと4戦行きましたので、他の年の単年参戦ドライバーよりはサインも多めにもらうことができました。

各GPの観戦ブログは、下記リンクからご覧下さい。

2018年 スペインGP カテゴリーの記事一覧 - F1観戦記 海外GPの魅力

2018年 シンガポールGP カテゴリーの記事一覧 - F1観戦記 海外GPの魅力

2018年 日本GP カテゴリーの記事一覧 - F1観戦記 海外GPの魅力

2018年 アブダビGP カテゴリーの記事一覧 - F1観戦記 海外GPの魅力


ロシア人ドライバーは、ペトロフクビアトは実力もあったドライバーだと個人的には思っていますが、シロトキンはスポンサーマネーによるペイドライバー的な要素が強かったかなと思います。

今年参戦のロシア人ルーキードライバー、マゼピンは事前の巷での(特に日本国内での)評価はペイドライバーですが、実力の程はいかがでしょうか。

欧州のジャーナリストの評価では、素行は改める必要はあるが、ただのペイドライバーではなく速さは持っているとのことです。

個人的には、悪いイメージが付いてしまった前評判を覆してくれることを期待しています。

f:id:F1world:20210214011654j:plain

2018年スペインGP レコノサンスラップにて撮影